私らしく、光輝く

ジョイアクリニック

高度な美容外科手術と
最先端の再生医療によって
心と体の美しさを叶えます

私がこの場所に「烏丸姉小路クリニック」を開院してこの春で15年が経ちました。
この間、医療は大きく変化しました。特に、遺伝子と免疫そして再生医療の分野の発展はめざましく、今現在も新たな発見と進化の途上にあります。

細胞は環境や感情に瞬時に応答しながら日々変化し再生を繰り返していることがわかって来ました。再生医療の発展のおかげで修復が不可能な状態まで追い込まれた細胞を再生させることが可能になりました。免疫システムの複雑で美しい世界が明らかになるにつれ、癌を始め様々な疾患が抗体を用いた免疫療法で治療できることもわかって来ました。

これからの時代は「病気になったら薬で治療する」という医療から、病気にならないために「細胞の環境を整え、免疫力を高い状態に保ち、傷ついた細胞=老化細胞を再生させる」医療へ大きくパラダイムシフトして行きます。

それはすなわち真の若々しさ=健康美を求める究極の美容医療とも言えるのです。

当院の代表的手術である眼瞼皮膚弛緩症の治療「眉毛下皮膚切除術」を私が初めて世に出したのは平成15年のことです。これまで多くの教科書に寄稿し、国内外の学会で講演して来ました。おかげさまで今ではアジア人に向くスタンダードでポピュラーな手術となりました。

10年前から始めた血小板と成長因子を用いた「PRPF療法」は免疫システムへの理解を深め試行錯誤の結果生み出したオリジナルのプロトコールにより幸い大きなトラブルも無く、長期的な効果の非常に高い再生医療として国内・海外でも講演に呼ばれるほど評価をいただいています。

そしてこの春からいよいよヒト脂肪幹細胞を用いた再生医療をスタートします。

20年余りの経験に基づいた精度の高い美容外科手術と、最先端の再生医療の二本柱で
身体の外側(見た目)と内側(細胞)両方から若さと健康を創る究極の美容医療を提供するクリニックとして
2020年4月より当院は「Jóia Clinic Kyoto」として新たなスタートを切りました。

Jóia (ジョイア) とは宝石、輝き、喜び、結晶という意味のポルトガル語です。

いつまでも生命を輝かせて人生を前向きに進んでいただきたい、命を慈しみ心豊かに生きていただきたいという私の診療理念を表した言葉です。

新たな時代の美容医療を提供する Jóia Clinic Kyoto をどうぞよろしくお願いいたします。

院長

林 寛子Tomoko Hayashi

Schedule

診療時間
10:00−18:00(最終受付17:30
休診日
日曜日・月曜日・祝日

美容皮膚科の診察は毎週火曜と木曜、月2回の金曜(要確認)となります

Access