美容外科・形成外科・再生医療 京都 烏丸御池駅 徒歩1分 English

症例写真

瘢痕拘縮形成術

1回目の手術から約2年経過 大きく開口した際に突っ張り感が生じて来ている。成長とともに正常の皮膚は自然と伸びるが、 火傷した部位の皮膚は伸縮性が悪く硬いため、伸びにくいことが原因。 初回手術から3年目 正常皮膚と火傷だった皮膚の境目の引きつれ(拘縮)を改善させるために手術を計画。 術後1年2ヶ月 開口時の引きつれ(拘縮)は解消している。上口唇も滑らかで柔らかい質感になっている。 正常皮膚と熱傷皮膚の色調の差が目立つ。

施術名
瘢痕拘縮形成術
年齢
9歳:男性
施術内容
①右鼻唇溝 5-flap x2 + Z-plasty x1 の組み合わせによる拘縮の解除
② 右口角〜mento-labial line 5-flapx1 + Z-plasty x2 組み合わせによる拘縮の解除
③上口唇 肥厚性瘢痕(ケロイド)の切除:赤唇縁(vermilion border)に横脚線を一致させるZ-plastyを加えて拘縮の予防を行なった。
リスク・副作用
皮下出血斑、腫脹、痛み
ダウンタイム
1週間
税込費用

¥1,000,000〜

※面積・皮弁の数によって異なる。

カウンセリングのご相談・お申し込み

専門医によるカウンセリングを行い、お悩みやご希望のイメージをお聞きしています。
術後のイメージを掴んで頂くこともできますのでまずはお気軽にご相談ください。

24時間Web予約

カレンダー

4
2月 4 終日
 
5
2月 5 終日
 
11
2月 11 終日
 
12
2月 12 終日
 
18
2月 18 終日
 
19
2月 19 終日
 
23
2月 23 終日
 
25
2月 25 終日
 
26
2月 26 終日
 
24時間Web予約