『肝斑ってなに?医師が原因から治療方法まで解説!』

 「なんだか最近顔にくすみのような、シミのようなものが出てきた..。」

 「肝斑があると言われたけど、肝斑って治療方法あるの?」

 こんなお悩みの方いませんか?今回は、肝斑が何なのか治療方法まで解説していきます!

目次

・肝斑ってなに?

・肝斑の原因

・治療方法

・肝斑ってなに?

  肝斑とシミと区別がつきにくいと言われています。大きく違うのは、シミは輪郭がはっきりしていますが、肝斑は境がなくぼやけており、比較的広範囲にできるため顔に陰りができてしまい、お顔の印象を暗くしてしまう原因にもなります。

 肝斑ラインと言われる両頬や、鼻の下、口周りなどに薄茶色の色素斑が、同じ大きさ、形で左右対称に現れるのが肝斑の特徴です。

 肝斑は更年期にさしかかる30代後半から50代の女性に多く見られますが、閉経とともに薄くなったり消えたりする傾向があります。

・肝斑の原因

 実は、肝斑のできる原因は解明されておらず、原因は様々といえます。ただ、妊娠中であるかどうか、ピルを服用しているかなどが考慮される点から、女性ホルモンのバランスが関係しているのではないかと言われています。

 肝斑は日焼けによる肌ダメージや、皮膚を強く擦ったりマッサージするなどの外的刺激が原因で、悪化し濃くなる場合があります。ひどい人は寝る時の枕の刺激で悪化する方もいます。そのような方にはシルク素材の枕カバーに変えて頂いたりと、極力摩擦を避けていただくのが対処法となります。

 また、強いストレスや疲れを日常的に感じている人も肝斑になりやすいといわれています。

・治療方法

 肝斑の治療方法は「刺激を与えない」ことが1番大切ですが、主に内服薬とレーザー治療といった2つの方法があります。また、同時にされるとより効果が期待できます。

内服薬

 肝斑の場合、「トランサミン(トラネキサム酸)と「ビタミンC(シナール)」でホームケアをするのが一般的す。特に、「トランサミン」はメラニン色素や炎症を抑制する効果があるので、レーザー治療との平行をおすすめしています。

レーザートーニング

 肝斑に効く唯一のレーザー治療といえば「レーザートーニング」です。お肌にダメージを極力与えず、メラニンを叩き割るようなイメージで破壊し、ターンオーバーによって改善を導きます。微弱なレーザーを均一にあてることができるので、レーザートーニングは刺激が厳禁な肝斑にも効果的な治療といえます。

・まとめ

 比較的広範囲にでき、顔に陰りをもたらす肝斑。また治療法も少なく、やっかいですが、お顔の印象を大きく左右するので早めの治療をおすすめしています。

 当院ではレーザートーニングで肝斑ラインだけのコースもありますので、一度カウンセリングにお越しくださいね。

LINEでのご予約はこちら

診療カレンダー

カレンダー

4
12月 4 終日
 
5
12月 5 終日
 
11
12月 11 終日
 
12
12月 12 終日
 
18
12月 18 終日
 
19
12月 19 終日
 
25
12月 25 終日
 
26
12月 26 終日
 
31
12月 31 終日
 
LINEでのご予約はこちら
This site is registered on wpml.org as a development site.