美容外科・形成外科・再生医療 京都 烏丸御池駅 徒歩1分 English

 ケロイドがどこまで治るのか、どのような治療をするのか具体的に知りたい方は多いと思います。20年以上の経験と知識の中から、4つ症例をご紹介しますね。

 ・症例1 「帝王切開後のケロイド」

例症

40代、女性

治療経過

帝王切開後のケロイド。

術後1ヶ月から痛みや痒みが生じ、次第に盛り上がり引きつれ感も伴うようになった。

手術と電子線20Gy(放射線治療)を施行。

術直後より約3ヶ月間フィクストンによる圧迫・固定療法を併用。

部分的な再発に対しステロイドのケロイド内注射も数回施行した。

2年経過現在、再発は認められず滑らかな状態で落ち着いている。

・症例2 「ピアス穴からの耳介ケロイド

例症

30代 女性

治療経過

・症例3 「ニキビから悪化 ケロイド」

例症

30代、女性

治療経過

・症例4 「熱傷後ケロイド」

例症

小学生、男の子

治療経過

24時間Web予約

カレンダー

2
6月 2 終日
 
3
6月 3 終日
 
9
6月 9 終日
 
10
6月 10 終日
 
16
6月 16 終日
 
17
6月 17 終日
 
23
6月 23 終日
 
24
6月 24 終日
 
30
6月 30 終日
 
24時間Web予約
閉じる