形成外科医に聞く!二重には埋没か切開かどっちがいいの?

 

 

 二重手術を考えている方なら絶対に迷う埋没法か切開法。また、埋没法が取れてきて、もう一度埋没をするか、切開するか迷っている方もいると思います。今回は、形成外科医からみた埋没法と切開法の違いとおすすめを解説。

 

目次

・埋没法とは

・切開法とは

・まとめ

 

・埋没法

埋没法は糸で留めて二重を作る簡単で最もポピュラーな方法です。

 

メリット

・ダウンタイムが少ない

・元に戻すことができるので二重が合う合わないが試せる

デメリット

・まぶたが厚い方や幅を広げたい場合は取れやすい

・何度もできる手術ではない

・糸が上瞼に残る

・切開法に切り替える際に抜糸するのに料金がかかる

・目を擦ってはいけない

 

・切開法

切開法には全切開と微小切開と主に2つの方法があります。切開法はまぶたをメスで切開し、縫合して二重にする方法です。埋没法に比べてダウンタイムは長くなりますが、半永久的な二重を作ることができます。また、余分な皮膚や脂肪を切除することでスッキリした目元にすることも可能です。

 

メリット

・埋没が取れてしまった方でも二重にできる

・幅が広い二重が可能

・まぶたが厚い方でも綺麗な二重になれる

・クッキリとした目元になれる

デメリット

・元に戻すことが容易ではない

・ダウンタイムが長い

・スキルのない医師だと食い込みが目立つ

 

・まとめ

 

 結論ですが、当院では切開法を基本的にはおすすめしています。なぜなら、埋没を何度もして結局切開にされる方が大変多いからです。また、埋没の糸を抜くのにさらに時間と料金がかかってしまいます。流行などに左右されず、ご自身の雰囲気や骨格に合っ目元を作ることで修正せずとも満足のいく目元になります。

 当院では理想の目元になれるよう医師が丁寧なカウンセリングを行っており、またその日の手術というようなことは致しませんので、安心してお越しくださいね

今月のおすすめ

今月のおすすめ

診療カレンダー

カレンダー

1
5月 1 終日
 
2
5月 2 終日
 
3
5月 3 終日
 
4
5月 4 終日
 
5
5月 5 終日
 
8
5月 8 終日
 
9
5月 9 終日
 
15
5月 15 終日
 
16
5月 16 終日
 
22
5月 22 終日
 
23
5月 23 終日
 
29
5月 29 終日
 
30
5月 30 終日