シミ・そばかす・肝斑

美容皮膚科 – シミ・そばかす・肝斑

Aesthetic dematology

シミ・そばかす・肝斑

フォトフェイシャル(I2PL)

幅の広い波長の光を照射することで、肌の総合的な改善を実現する治療です。照射後のダメージもほとんどなく、施術後すぐにお化粧もしていたただけます。光はシミなどの原因となるメラニン色素などのターゲットのみに反応し、熱となってそれらにダメージを与えます。また、その熱は真皮のコラーゲン増生作用を促進させ、肌の中から弾力性が増すとともに、新陳代謝を活性化させます。
この光治療によって、肌のキメ、ハリやくすみといった総合的な肌質改善のほか、シミ・ソバカスや顔の赤みの改善が期待できます。

【副作用・リスク】

■ かさぶた
光治療(I2PL)の施術後は照射を行った箇所が微細なかさぶたのようになることがあります。表在性の小さな色素に光が反応したために起こるもので、Qスイッチレーザーの後のようなかさぶたと違い一時的で目立たないものですが、改善されるまで通常5〜6日、稀に1~2週間ほどかかることがあります。
■ シミの一時的な悪化
照射によって、沈着していたメラニンが分解されて浮き出てくることで、一時的にシミが濃くなることがあります。ターンオーバーによって施術後1~2週間ほどで自然に体外に排出され、徐々に薄くなっていくので過度な心配は不要です。
■ やけどや色素沈着
光治療(I2PL)ではごくまれな副作用ではありますが、施術の際の照射出力が強すぎたり、照射後のケアが不適切な場合にやけどや色素沈着をおこしてしまうことがあります。特に初回の光治療(I2PL)ではスキンタイプを見極めながら施術の際の出力には十分注意して行っています。

レーザートーニング

【レーザートーニングとは】

当院では、「トップハット型」という均一な照射方式を採用した新型のQスイッチYAGレーザーです。従来のレーザーでは、ムラが発生したり、均一にするために高い出力にすることで火傷をするリスクがありましたが、「トップハット型」の場合、メラノサイトに余計な刺激を与えない微弱レーザーによって、メラニン色素だけを素早く破壊することが可能です。

【レーザートーニングのメリット】

治療中の痛みや皮膚への負担が少なく、腫れや赤み・カサブタなどの「ダウンタイムが少ない」のが大きな特徴です。さらに、「肝斑を改善できる数少ないレーザー治療」でもあります。レーザートーニングは、肝斑やシミの改善の他に、その加熱作用で皮膚を引き締め、血流をよくし、皮膚内のコラーゲンを増やすため、肌のコンディションを整えます。また、くすみ改善や肌色のトーンアップ・ムラをなくすため、美肌効果が期待できます。

【副作用・リスク】

レーザートーニングの副作用は「赤み/痒み・湿疹・火傷(水疱)・炎症色素沈着・白斑などがあります。 赤みや痒み・湿疹に関しては照射時の肌状態が影響します。トーニングを何度も照射したことがある方であっても、生理の時や日焼けの後、ニキビが出ている状態で照射すると症状が出る可能性が高くなりますので注意が必要です。レーザートーニングで火傷を生じることはほぼありませんが、起こるとすれば強い日焼けで肌に炎症が残っている状態での照射が考えられます。強い日焼けの後は避け、十分に肌状態が回復したのちに行うことが大切です。何より日焼けが最もシミの原因ですので、レーザー治療中はできるだけ日焼けしないように気をつけてください。炎症後色素沈着と白斑は日焼け後を避け、適切な出力で間隔を守っていただければ起きることは通常ありません。


今月のおすすめ

今月のおすすめ

診療カレンダー

カレンダー

1
5月 1 終日
 
2
5月 2 終日
 
3
5月 3 終日
 
4
5月 4 終日
 
5
5月 5 終日
 
8
5月 8 終日
 
9
5月 9 終日
 
15
5月 15 終日
 
16
5月 16 終日
 
22
5月 22 終日
 
23
5月 23 終日
 
29
5月 29 終日
 
30
5月 30 終日