女性器のお悩み

美容外科・形成外科 – 女性器のお悩み

Plastic surgery

女性器の治療

小陰唇縮小術、大陰唇形成術

左右非対称や大き過ぎる小陰唇を整えたり小さくし、擦れることによる不快感を軽減できます。また、大陰唇が平坦なことが原因で起こる不快感も治療することが可能です。

※ PRPF療法シルバー又はゴールドコースに準じる。

【副作用・リスク】

当院では脂肪注入やメスを入れる手術ではなく、再生医療のPRPF療法を用いて行いますので、術後再出血の心配はなく、抜糸も不要です。シャワーや入浴は手術当日より可能ですが、自転車、バイク、またレオタードやボディースーツなど直接患部に刺激や圧迫となるようなことは最低1ヶ月できれば3ヶ月間控えてください。激しい運動は、4~6週後から可能です。性交は4週目までお控えください。腫れは1週間くらいでほぼ落ち着きます(個人差があります)
※上記はいずれも標準的な場合で、個人差があります。


今月のおすすめ

今月のおすすめ

診療カレンダー

カレンダー

1
5月 1 終日
 
2
5月 2 終日
 
3
5月 3 終日
 
4
5月 4 終日
 
5
5月 5 終日
 
8
5月 8 終日
 
9
5月 9 終日
 
15
5月 15 終日
 
16
5月 16 終日
 
22
5月 22 終日
 
23
5月 23 終日
 
29
5月 29 終日
 
30
5月 30 終日