ほうれい線を目立たなくする3つの方法

 

 

 なんだか最近ほうれい線が濃くなって気になってきた…

 ほうれい線が目立って老けて見える…

 

そんなお悩みの方は多いと思います。今回は、美容医療でほうれい線を目立たなくする3つの方法を紹介します。

 

目次

・ヒアルロン酸

・PRPF療法

・イントラジェン

 

・ヒアルロン酸

『Joia式 PRPF注入法はヒアルロン酸や脂肪注入よりメリットが多すぎる!』

 ほうれい線が目立つ場合、1番最初に選択肢として多いのがヒアルロン酸の注入です。手軽で、凹んでいる部分にボリュームをもたらしてくれるので人気の施術です。ダウンタイムもほぼなく手軽ですが、デザイン性など注入技術は大切です。また、ヒアルロン酸のデメリットとして、高価な割りに1年ほどしか効果が持続しません。

 ヒアルロン酸は、短期的な効果やイベント前だけといった方にはおすすめできる施術ですが、中長期的な効果を求める方にはPRPF療法をおすすめします。

 

・PRPF療法

 院長オリジナルのPRPF療法では、PRPFを脂肪層に注入することで脂肪を再生させ、ヒアルロン酸のようなボリュームを出すことが可能です。しかも、中長期的に(4年くらいが目安です)効果が持続します。PRPF療法では、ほうれい線の改善だけでなく、同時に気になるボリュームをもたらしたい部位にも注入でき、効率的に施術を受けることが可能です。

 ヒアルロン酸と違い自己血小板を使用するので安全で、PRPFは注入後、脂肪が再生されるので触り心地も仕上がりも自然ですので、ナチュラルな美を求められる方には大変おすすめの治療です。

 

 

・イントラジェン(高周波治療器)

 

     イントラジェンとは高周波治療器でたるみ治療に効果的です。有名なのは「サーマクール」ですが、イントラジェンはサーマクールの後発品で、より低コストで痛みの少ないたるみ治療が可能です。効果が出るように、重ねて何回でも照射することができるので、ほうれい線が気になる場合はしっかりと気になる部位に照射できます。 また、熱を加えることでコラーゲンを再構築し、たるみだけでなくハリも改善できます。 

 上記の注入系に比べて、暖かく気持ちの良い施術ですので痛みの弱い方や、注入には抵抗がある方におすすめの施術になります。

 

・まとめ

 

 ヒアルロン酸注入は短期間で素早い効果を求める方

 PRPF療法は中長期的な効果で自然な仕上がりを求める方

 イントラジェンは注入に抵抗があり、痛みに弱い方

 

 ご自身がどれが向いているのか、何を求めるかによって施術内容は変わってきますが、選択肢はいくつかありますので、医師と一緒に納得できる施術を選んでいただければと思います。

 

今月のおすすめ

今月のおすすめ

診療カレンダー

カレンダー

1
5月 1 終日
 
2
5月 2 終日
 
3
5月 3 終日
 
4
5月 4 終日
 
5
5月 5 終日
 
8
5月 8 終日
 
9
5月 9 終日
 
15
5月 15 終日
 
16
5月 16 終日
 
22
5月 22 終日
 
23
5月 23 終日
 
29
5月 29 終日
 
30
5月 30 終日