『遅延型アレルギー検査で自分のアレルギーを知ろう』

 

 

一般的に「食物アレルギー」と聞くと、通常30分以内に痒みが出たり、嘔吐、下痢、呼吸困難になるようなIgE抗体による「即時型アレルギー」を想像しがちですが、それだけではなくIgG抗体による「遅延型アレルギー」という時間が経ってから起こるアレルギーがあるのはご存知ですか?

最近、なんだか分からないけど下痢やゲップがよく起こったり、慢性的にダルさを感じたり、ニキビが増えたりしてませんか?もしかしたらその原因は食物アレルギーかもしれません。

 

目次

・遅延型アレルギーとは?

・遅延型アレルギーの症状

・遅延型アレルギーの検査項目

 

・遅延型アレルギーとは?

 

 IgG抗体による遅延型アレルギーは症状が出るまでに数時間から数日間かかると言われています。このアレルギーの症状は多岐にわたり、また抗原を体から排除しようとする免疫細胞の能力を過剰な抗原が飽和してしまう場合があるため、その結果免疫複合体が長い期間にわたり体内を循環し、体組織への沈着を起こし、長引くこともあります。

 症状が遅く出るため、原因食物を探し当てるのが難しく、また場合によっては症状が出てから避けたとしても数週間から数ヶ月間にわたって症状が続くこともあります。

 遅延型アレルギーの原因であるIgG抗体は血中に多く見られるため、少量の血液で検査することが可能です。原因不明の体調不良がある方は一度「遅延型アレルギー検査」を受けてみてもいいかもしれません。

・遅延型アレルギーの可能性がある症状

 

 以下は一部の症状として考えてください。

 

消化器系

下痢、嘔吐、腹痛、ゲップ、膨満感、吐き気など

皮膚系

ニキビの悪化、湿疹、口内炎、肌荒れなど

筋肉、関節系

関節痛、だるさ、関節リウマチなど

精神的

疲労感、憂鬱、過食など

その他

頭痛、体重増加、過剰発汗、頻尿など

 

・遅延型アレルギーの検査項目

 

乳製品/卵

カゼイン、チーズ(ミックス)、卵白、卵黄、牛乳、ホエイ、ヨーグルト

肉類

牛肉、鶏肉、馬肉、ラム、豚肉

魚/シーフード

シーバス(スズキ目)、ハマグリ/アサリ、タラ、カニ、ウナギ、サバ、タコ、カキ、鮭、イワシ、ホタテ貝、鯛、エビ、イカ、マグロ

ナッツ/種子/豆

アーモンド、ソラマメ、サヤインゲン、キドニー豆、カシューナッツ、栗、ヒヨコ豆、ココナッツ、銀杏、緑豆、エンドウ豆、ピーナッツ、ピスタチオ、菜種、あずき、ゴマ、大豆、西洋クルミ

穀物(グルテンを含む)

大麦、デュラム小麦、グリアジン(グルテン)、オート麦、ライ麦、スペルト小麦、小麦、小麦ふすま

穀物(グルテンを含まない)

ソバの実、トウモロコシ、キノア、白米

フルーツ

リンゴ、アボカド、バナナ、ブルーベリー、チェリー、ブドウ(ミックス)、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、メロン(ハニーデュー)、オレンジ、桃、洋梨、パイナップル、イチゴ、スイカ

野菜/藻類

寒天、わかめ、アスパラガス、ナス、ビート(てんさい)、ブロッコリー、ニンジン、カリフラワー、セロリ、キャベツ、キュウリ、ニンニク、ショウガ、昆布、リーキ(西洋ネギ)、レタス、もやし、マッシュルーム、オリーブ、タマネギ、ピーマン(ミックス)、ジャガイモ、かぼちゃ、ラディッシュ、ほうれん草、サツマイモ、トマト、カブ

ハーブ/スパイス

バジル、赤唐辛子、シナモン、カレー粉、マスタード、パセリ、コショウの実、ペパーミント、バニラビーンズ

その他

カンジダ、サトウキビ、カカオ豆、コーヒー、ハチミツ、紅茶、緑茶、製パン用イースト、醸造用イースト

 

今月のおすすめ

今月のおすすめ

診療カレンダー

カレンダー

1
5月 1 終日
 
2
5月 2 終日
 
3
5月 3 終日
 
4
5月 4 終日
 
5
5月 5 終日
 
8
5月 8 終日
 
9
5月 9 終日
 
15
5月 15 終日
 
16
5月 16 終日
 
22
5月 22 終日
 
23
5月 23 終日
 
29
5月 29 終日
 
30
5月 30 終日